建設コンサルタント業務

茨城県建設コンサルタンツ協会会員企業として、道路、上下水道設計をはじめ、河川・砂防、農業土木、各種構造物設計など、企画から設計、施工管理まで幅広くおこなっております。
近年では、通学路の安全確保のための歩道整備設計業務や東日本大震災により被災した道路・河川堤防・下水道管路の災害復旧設計業務、工業用水道の管路耐震化設計業務もおこないました。
また、道路、上下水道施設の調査及び保全計画のストックマネジメント事業もおこなっております。

筑西幹線道路

建設

雨水調整池ポンプ場

雨水調整池ポンプ場

桜川護岸整備

桜川護岸整備

法面保護(法枠)

法面保護(法枠)

|道路

路線計画/概略・予備設計及び詳細設計/平面交差点計画・設計/道路付帯施設設計

|上水道

管路設計(開削工法・推進工法)/水管橋設計/配管ルート調査/耐震診断・対策

|下水道

管路設計(開削工法・推進工法)/マンホールポンプ場等の設計/雨水調整池設計/耐震診断・対策

|河川・砂防

樋門・樋管、護岸等河川構造物設計/河川付帯施設設計/降雨・流出解析/河道計画/災害復旧・査定設計

|土木構造物

擁壁、函渠、法面等構造物設計/構造物基礎設計/仮設構造物設計/橋梁点検・長寿命化計画

|農業土木

農道設計/区画整理設計/用排水機場および水路・パイプライン設計

通学路歩道整備事業

学童が安心して通学できるよう、交通量の多い県道東山田・岩橋線に歩道設置詳細設計をおこないました。歩道がなく狭い路肩を通学していた路線に対し限られた道路用地の中で幅員2.0m以上の歩道を確保しました。

桜川自転車道整備事業

河川敷を利用し桜川の堤防上にサイクリングロードを整備する詳細設計をおこないました。桜川河川改修計画と調整し市民の憩いの場となるよう自然との調和に配慮しました。

桜川自転車道整備事業

つくば市内雨水調整池

昨今、ゲリラ豪雨により河川の氾濫や道路冠水が多発するなど我々の日常生活に支障をきたす水害が発生しています。本業務は、つくば市内で浸水被害が発生する地域について、浸水範囲を特定し、雨水調整池の詳細設計をおこないました。
大雨の際、この調整池が一時的に雨水を貯め込むことで、雨水が直接的に流れ込まない様になり、地域の安全性が向上しました。

つくば市内雨水調整池

工業用水道耐震化業務

災害時に発生する地盤の液状化等に強いダクタイル鋳鉄管(GX形、NS形)を採用し管路耐震化の詳細設計をおこないました。
地形や施工性を考慮しての管路占用ルートの調査・提案もおこないました。

工業用水道耐震化業務

土木構造物

法面の評価が低く斜面崩壊並びに落石の危険性のある県道急斜面に対し法面保護(受圧版併用グランドアンカー工)の詳細設計をおこないました。

土木構造物